お客様の声-オーストリア冬の専門ホームページ

オーストリア 冬の専門ホームページ

| HOME | お客様の声 |

お客様の声

チロルを旅行された日本のお客様からいただいたご感想の声と、お客様が撮られた写真を一部ご紹介します。

①檜垣様からのお便り

2007年12月 インスブルック・シュリック2000 スキー場

年末休みを利用して3泊5日でインスブルックでミュンヘン在住の姉夫妻とのスキー。でもスキーは学生の頃に数回やった程度で実に十数年ぶり。一方同行の妻は子供の頃から父親に鍛えられてたらしいし、姉夫婦も毎シーズンヨーロッパスキーを楽しんでるみたいなので間違いなく体育会系スキー合宿になりそう。。。


<一日目>
ホテルに着くと休憩も無く「ほな着替えて行こか」と義兄、ルンルンで支度を始める姉と妻。ブランクはあるけどボーゲンで何とかなるだろう・・・という甘い考えは見事に打ち砕かれることに。「パウダースノーの広くてなだらかなゲレンデ~」という欧州スキーのイメージに反して、初日のスキー場はガリガリに凍った急な斜面だらけ。コワくてコワくて全然滑れない。。。華麗に滑っていってる姉達を先で待たせてるのも心苦しいし、付き合ってソロソロと進んでくれてる妻にも申し訳ない気持ちでいっぱい。大人なので涙は出ないものの子供だったら絶対半ベソだなぁと思いながら情けなーい気分で初日を終了。


<二日目>
スキー場マップをよく調べてみたところ赤いラインは中~上級者、青いラインは初級者用だったらしく、昨日のゲレンデはどこも真っ赤っかの上級者コースだったことが判明。そこで今日は初級者向けコースを示す青ラインの多いシュリック2000というスキー場にしてもらったところ状況は一変。イメージ通りの欧州スキー場でここなら何とか滑れるっ!本数を重ねるごとに少しずつ上達してる気にもなってきて昼頃はすっかり「来て良かった~」気分に。しかもここの中腹にあるレストランのレベルが高く食も満喫。明るい気分と表情でこの日を終了。
i_02.jpg
<スキー最終日>
この日も同じスキー場、シュリック2000へ。ただ、気持ちは体育会系でも身体はおじさん・おばさんなのでヒザがカクカクし始めていて、「今晩の年越し宴会に備えて体力温存」などと理由をつけてレストランで頻繁に休憩。釜焼きのピザが絶品だったことも手伝って長~いランチだったりもしてこの日はすっかり大人スキー。ビールも飲んだし。といった具合にケガもなく合宿は無事終了~。


実は今回のスキー旅行企画まで名前を聞いたこともなかったインスブルック。スキー場はもちろん素晴らしかったし、イタリアに近いロケーションのお陰か料理もとっても好みでした。加えてスキー場でもホテルでもレストランでも一度もイヤな思いをしなかったというのはなかなか無いこと。幸せな旅でした!

②松野様からのお便り

2003年 インスブルック・シュトゥーバイ氷河 スキー場
2004年 サンクト・アントン・アールベルク スキー場

チロルのスキー場のすばらしいところ。もちろん、なにはさておき、息を呑むようなすばらしいアルプスの景色。もうこれだけでアルプスまで来た甲斐があります。こんなすごい景色の中で滑れるなんて、いや、滑っていたなんて。あーもう一度行きたいです!

さらにそこで飲むオーストリア・ビール、エーデルヴァイスが美味しいのなんのってもうたまりません。外はもちろん寒いのですが、太陽が出ていればレストランのテラス席が大人気で、太陽の下ビールです。手が冷え切ってしまったときのホット・ワインも最高に美味しいです。滑り終わった後、山のふもとのカフェでライトアップされたゲレンデを眺めながら飲むココアも幸せ。ああーもう一度行きたいです!!

m_01.jpg
あんまりいいことばかりを書いていると行きたくてムラムラしてきてしまうので、困った点もいくつか挙げておきます。まず、リフトやゴンドラがとても長く、迷子になって帰ってこれなくなっちゃうんじゃないかと心配してしまうほどゲレンデが広いところ。ホテルにはサウナがついているんですが、混浴なので女の人が入るにはちょっと度胸が必要なこと。また、せっかく自分の靴と板を持っていったのに、レンタルのほうが新しいモデルだったりして少し悔しい思いをしたこと。いずれにしても、あああーやっぱりもう一度行きたいです。チロルのスキー場!!!

③M.A様からのお便り
2009年 インスブルック滞在

Fulpmes20short20trip20200920068-1.jpgクリッペミュージアム
インスブルックに長期滞在したのですが、一日でどこか小旅行は出来ないかと思いフルプメスに行ってきました。
列車に揺られてわずか、40分でフルプメスに到着!広大な山が広がる小さな街でした。街のシンボルの教会にはクリッペが展示されており、厳かな雰囲気でした。クリッペミュージアムにも行ってみたのですが、大小様々なクリッペや作り方、クリッペの歴史などを知ることが出来、よい経験になりました。今まで、町を歩いていてもそこまで注目してクリッペを見ていなかったのですが、ミュージアムに行った後からは、注目してみるようになりました。

Fulpmes20short20trip20200920095-1.jpgソリ専用コースの一部
午後からは無料バスで5分で行ける、シュリック2000に行きました。始めて、ローデルンと呼ばれる本格的なそりに挑戦しました。日本ではそり用に専用コースが設けられている所を見たことがなかったので、出発地点までワクワクしながら歩いて登りました。(早くすべりたい人や頂上まで歩かなくても、バスなども出ているようでした。)頂上から一気に下るのですが、その日はローデルンコースが少し凍っていて少し怖かったですが、凍っていなかったらもっと快適に楽しめたのだと思います。毎年、ケガ人も出るらしいので、滑るときは油断せず、ヘルメットなどをかぶった方がいいかもしれないと思いましたが、とても楽しかったです。
次回はぜひ、シュリック2000へスキーに行きたいと思いました。